« 亀井静香の出番はあるか | トップページ | 消費税率引き上げはいつに »

2005年12月19日 (月)

前原氏の使命は民主党の解党か

 週末に行われた民主党大会では、中国脅威論など独断専行が目立つ前原誠司代表の路線に対する批判が噴出した。安全保障政策の取りまとめに意欲を示すのはいいが、歴代の代表がなかなか手をつけられなかったこの問題を脇の甘い前原氏で決着をつけることができるのか。小泉純一郎首相から大連立という曲球を投げられ、揺さぶられる民主党の現状を見るとこの政党の解党こそ前原氏に天が与えた宿命のようにも思えてくる。
 前原氏は先の総選挙で惨敗を喫した岡田克也氏の後任として、大幅な世代交代による党の再生に期待をかけられた。しかし、その後の前原氏は小泉自民党との「改革競争」に乗せられたのか、実現不可能な公認候補の定年制導入や野党第一党の党首としての戦略的立場を忘れた中国脅威論などで党内を引っ張るどころか不協和音を自ら広げる結果になった。
 そんな前原民主党の惨憺たる状況にほくそえんでいるのは小泉首相その人だろう。郵政政局を主導して勝利した首相からすれば、大連立構想などを打ち出すことで民主党内を混乱に陥れるのは赤子の手をひねるより簡単だったかもしれない。
 これほどまでに政治的未熟さが目立つ前原氏に民主党の安保政策をまとめる力はあるのだろうか。党内外から足下を見られている前原氏が民主党代表として何事かをなすとしたら、基本政策の統一ではなく、右から左まで幅広い勢力を抱える「民主党」という政党の解党ではないかと思えてくる。
 

|

« 亀井静香の出番はあるか | トップページ | 消費税率引き上げはいつに »

コメント

あなたは、前原氏の中国に対する「現実的脅威」発言の外交・政治的影響を云々していますが、それ以前に彼の発言の内容は正しいのか否かをまず問題にすべき。それによって、民主党の以降の対応がきまってくるべき。彼は「軍事・防衛」を専門としてきた議員であり、その人が訪問先の中国であえて発言するからには、相当の根拠(事実の積み重ね)があってのことと思います。

投稿: 英伍 | 2005年12月19日 (月) 17時25分

英伍さん、コメントありがとうございます。あなたと私はどうも考えている視点が違うようですね。中国との対決姿勢をこれだけ小泉政権が示しているときに、それとは別の選択肢を示すべき野党第一党の党首がいま、そこまで中国を刺激する立場に立つということの政治的、外交的戦略性を私は問うているのです。別に中国に迎合しろといっているわけではないのですが、靖国神社参拝のように中国に“付け入る隙”を与えている小泉首相がこれだけ日中を関係を冷却化させ、結果的にアジアでの主導権を中国に握られつつある状況ができているときに、野党第一党の党首まで小泉と同じようなことでいいのか、ということ。前原路線でいくのなら民主党はいりません。とっとと大連立を組めばいいではないですか。

投稿: ななめ読み | 2005年12月19日 (月) 17時59分

ななめ読みさんの意見・結論は少し偏狭であり合理的な根拠があまりありません。『小泉首相がこれだけ日中を関係を冷却化させ、結果的にアジアでの主導権を中国に握られつつある状況ができている....』のはその通りですが、だからと言って中国脅威論を唱える前原代表を批判する理由にはならないでしょう。今、『前原民主党が惨憺たる状況』かどうかの確証もまだありませんし、『政治的未熟さが目立つ前原氏』と言われるのも、全く正当で合理的な根拠が見当たりません。むしろ僕は「いいじゃないですか、未熟でも、前原、頑張れ!」と言いたいぐらいです。

いつれにしても、日本人は他人の事をすぐに批判し過ぎると思います。民主党は代表がコロコロと変わり過ぎるし、これではいけません。前原さん、まだ3カ月です。気持ちは分かりますが、小沢一郎とか横路とか管さんとか、どうして自分の党の代表をいつもすぐに批判し始めるのでしょうか?前原代表が誕生した時、皆さん、前原氏を全身で支えると言っていたと思うのですが....

中国に関しては、タカ派と言うよりも、英伍さんも言われるように、中国の現状(軍拡や外交戦略)について、より詳しく知っている政治家ほど、中国に対して強硬路線(警告をならす)を取るんだと思います。ななめ読みさんは『別に中国に迎合しろといっているわけではないのですが』と言われますが、では、あなたの外交的戦略とはなんですか?そんなもんあるんですか?

投稿: BOO | 2005年12月20日 (火) 05時49分

論破しちゃった。ワッハッハ....

投稿: BOO | 2005年12月21日 (水) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125437/7693776

この記事へのトラックバック一覧です: 前原氏の使命は民主党の解党か:

» 前原誠司の錯誤 - 誰が何を期待して民主党に一票入れたのか [世に倦む日日]
民主党党大会のニュース映像で印象的だったのは、前原誠司が閉幕の挨拶をするときに、所属国会議員が演壇の背後に階段状に並んで、前原誠司の背景を構成する映像演出をしていた場面だった。毎日新聞の記事ではそれを党の「団結感」を演出するための工夫だと書いていたが、実際の映像を見た印象は、団結感とは逆の雰囲気が重たく漂っていた。議員たちが若くて軽い前原誠司の背景の一部になるのを嫌がっているように見えたのである。テレビのカメラが回っているとき、枝野幸男は不服そうな様子で下を向いていた。幹部は下の席に一列に並んでいた... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 18時59分

» 民主党が目指すべき方向性について~このままでは、民主党はアブナイ~(1) [日本がアブナイ!]
<先週チョコチョコ治安に関する投稿を書き進めていたのですが、spywareと格闘?して PCをアレコレやっているうちに、そのファイルが行方不明になってしまったです。 (おそらく削除した可能性が高い{涙})治安に関する投稿が中途半端で終わってしま っていますが、改めて続きを書き直す予定ですが、それまで政治ネタを。> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  16~17日、民主党の2005年度の党大会が開かれた。  代表の前原氏は、個人的に... [続きを読む]

受信: 2005年12月20日 (火) 09時21分

» ネオコン軍事オタク前原バージョンを作りました。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
ネオコンの前原です 軍事オタクでっす タイアンタイアン 中国には毅然でっす キゼ [続きを読む]

受信: 2005年12月21日 (水) 00時17分

« 亀井静香の出番はあるか | トップページ | 消費税率引き上げはいつに »